TOUR REPORT
ツアーNo.23
国立市

国立市内文化財めぐり&天使のピアノ

11月21日(水)

今回は、11月21日(水)に開催された国立市観光まちづくり協会主催の「国立市内文化財めぐり&天使のピアノ」に参加してきました!
コースは次ぎの通りです。
JR南武線谷保駅南口に集合 → 国登録有形文財 本田家住宅(通常非公開) → 谷保(やぼ)天満宮 梅林・宝物殿 → 城山公園・古民家 → くにたち郷土文化館(昼食、重要文化財・石棒見学)→ 滝乃川学園 記念館見学 → 礼拝堂にて天使のピアノ・ミニコンサート → JR南武線矢川駅解散

まず、国登録有形文化財 本田家住宅主屋・薬医門の見学です。通常非公開の施設を見学できる貴重な機会です。
馬に乗ったままくぐれる門、薬医門(写真左)です。

谷保(やぼ)天満宮の宝物殿を見学。通常日曜日のみ公開で今回は特別公開であった上菊池宮司の取り計らいで一般参拝者にも声をかけて見学いただきました。
宝物殿には、重要文化財が2つありました。1つは、木造扁額 額文「天満宮」、もう一つは、木造獅子狛犬です。獅子狛犬は、阿形と吽形の一対の木造の寄木造りです。撮影禁止でお見せできないのが残念です。
谷保天満宮は「やぼてんまんぐう」と濁ります 駅名などは「やほ」と濁りません。宮司さんが「やぼ」と強調されましたので、くれぐれもお間違いないように(笑)。東日本でいちばん古い天満宮で、湯島天満宮、亀戸天神社とならび関東三天神の1つでもあります。

くにたち郷土文化館で、昼食の弁当を参加者の皆さんでいただきました。和気あいあいとした雰囲気で交流を深めながらの昼食時間でした。
昼食後は、資料館を自由見学。竹内学芸員のご説明で国指定重要文化財の「大型石棒」を見学しました(写真右)。ほぼ原型で4本も出土したので国内初めてだそうです。

メインイベントでもあります、天使のピアノ・ミニコンサートの前に、滝乃川学園について、米川覚さんよりご説明いただきました。滝乃川学園は、日本初の知的障害児者のための社会福祉施設です。

いよいよ、礼拝堂での天使のビアノ&フルート演奏です(写真中央)天使のピアノは、日本最古のアップライトビアノで、皇后美智子妃がこの場所で演奏され話題になりました。ビアノの正面中央に、天使がはめ込まれています。

演奏は、次の曲を披露してくれました。
◎アメージング グレイス ◎ユーモリス ◎精霊の踊り ◎宵待ち草 ◎小さな秋見つけた ◎ふるさと

最後の「ふるさと」は、歌詞をみながら参加者みんなでを合唱しました(写真左)。
みなさん優雅なひと時を過ごせたのではないでしょうか。

ぶらっTokyoさんぽ事務局
03-6748-1942

平日10:00 - 17:00

arrow_upward