TOUR REPORT
ツアーNo.18
多摩エリア

西武多摩湖線まち歩き消えた駅を巡る

10月9日(火)9:30~13:00

10月9日(火)西武多摩湖線まち歩き消えた駅を巡るコース(こだいら観光まちづくり協会主催)に同行してきました!

現在の多摩湖線は、「国分寺駅~一橋学園駅~青梅街道駅~萩山駅」の4駅の路線です。多摩湖線の歴史は古く、住宅開発や観光開発を目的として昭和3年1月に多摩湖鉄道として設立され、最大9駅で営業されました。

最初の紹介は「国分寺旧本駅」です、現在の国分寺駅の側にありましたが旧本駅舎は取り壊され、線路跡が道路になっていることなどをガイドさんが説明してくれました。 その後、多摩湖線沿線を歩きながら消えた駅の説明を聞きました。一橋大学駅跡のように駅の痕跡が残っている箇所もあれば、完全になくなってしまっている箇所もあります。配布された資料の「過去の駅舎」と「現在の場所」の写真を見ながら、想像力を働かせながら歩きました。また、ガイドさんお話が多摩湖線の歴史や鉄道標識・踏切の解説など多種多様であったため、歩く距離が5㎞と比較的長いコースでありましたが、楽しく街あるきが出来ました!

ぶらっTokyoさんぽ事務局
03-6748-1942

平日10:00 - 17:00

arrow_upward