TOUR REPORT
ツアーNo.11
東急多摩川線武蔵新田駅

大田の職人のまちを知り尽くす!まちめぐり・工場巡りツアー

11月17日(土)

今回は11月17日(土)に開催された、大田の職人のまちを知り尽くす!まちめぐり・工場巡りツアー(一般社団法人 大田観光協会)に同行しましたのでレポートします。

当日は、東急多摩川線武蔵新田駅に集合。天気にも恵まれ多くの方がツアー参加されましたが、まずはガイドさんよりツアー内容の説明がありました。ツアーはおおたオープンファクトリーのイベント内で開催されましたので、ツアー参加者以外にも工場見学などを目的に多くの方が訪れていました。

いよいよ、ツアー開始ですが、しばらく商店街を歩いていくと、最初の目的地である新田神社に到着しました。
ここでは、神社の歴史について解説いただきました。境内には樹齢700年に及ぶ御神木があり、触れると「健康長寿・病気平癒・若返り」の御利益に授かれるという言い伝えがあるそうです。また、この神社は破魔矢発祥の地なのだそうです。

しばらく商店街や十寄神社などを見学しながら歩いていくと、最初の工場見学地である東京高圧工場さんに到着しました。
こちらはアルミや亜鉛などダイカスト(圧力をかけて鋳型に注入する鋳造法の工場)では錫を金型に流し込んで「重し」を作成する体験ができました。

工場を後にして、その後しばらく歩いて、安久工機さんに到着しました。
こちらの工業は大学との医工連携によって様々な分野のモノづくりに挑戦されているそうで、関連する様々な展示物を見学することが出来ました。

次に、途中クリーニングで有名な白洋舎のビルや妙蓮塚三体地蔵尊を通って、シンシさんおよび富士ダイスさんをそれぞれ見学しました。
こちらは富士ダイスさんの社内にある展示室ですが、製造された金属製のダイスやプラグなどについてスタッフの方に御説明をいただきました。

最後に、オープンファクトリーイベントの拠点でもある、くりらぼ多摩川の見学を行いました。こちらは「モノづくりのまち」 大田区の地域交流拠点として、2013年12月に開設されたそうで、定期的にモノづくりワークショップや体験イベントを開催しているそうです。
このように、天気の恵まれして普段見学することのできない工場や作業体験もあり、とても充実したツアーでした。
おおたオープンファクトリーは毎年開催していますが、ツアーやイベントで様々な工場見学や体験をしてみてはいかがでしょうか。

ぶらっTokyoさんぽ事務局
03-6748-1942

平日10:00 - 17:00

arrow_upward