TOUR REPORT
ツアーNo.9
自由ヶ丘

スウィーツのまち自由が丘の散策とその周辺を訪ねて

11月21日(水)10:00 ~12:30

今回は、11月21日(水)に実施された、「スウィーツのまち自由が丘の散策とその周辺を訪ねて(めぐろ観光まちづくり協会)」に参加した様子をレポートします。
集合場所の東急東横線都立大学駅前を10:00に出発。線路沿いの道を自由が丘方面に向かって住宅地を歩いていくと、最初の訪問地「立源寺」(日蓮宗)に到着しました。静かな境内を進んで、参拝します。住職からは、お寺の歴史についてお話あり、本堂に鎮座している「綿帽子をかぶった日蓮上人座像」についてもご説明いただきました。当寺には、目黒区指定有形文化財となっている三宝尊像と木造文殊菩薩像と普賢菩薩像があります。

その後、住宅地を5分ほど歩き、2件目の訪問地「今井館聖書講堂」に到着です。ここは、内村鑑三ゆかりの聖書講堂と資料館です。もともとは新宿区内にあったものを83年前にこちらへ移築したとのことです。こちらでも、当講堂と資料館を管理している「NPO法人今井館教友会」事務局長による説明がありました。内村が使用していた当時の演台が残っています。また、元東大総長の矢内原忠雄氏もこちらの聖書講堂でたびたび講演をされていたそうです。

いよいよ、スウィーツのまち自由が丘の市街地へと移動します。途中、今年創業80年を迎えた「亀屋万年堂」(お菓子のホームラン王“ナボナ”が有名)や辻口パティシエの「モンサンクレール」、どらやきが有名な「黒船」などを紹介いただきながら歩いていきます。ほどなく、自由が丘の鎮守の神様である熊野神社に到着します。

その後、リトミックによる創造教育で有名となった「トモエ学園碑」(黒柳徹子氏出身)の前を通りすぎて、「スイーツフォレスト」へ向かう予定でしたが・・・。 ここで、ツアー進行遅延のため急遽予定変更があり、最終目的地の「自由が丘商店街振興組合事務所」へと向かいました。途中、日本初、モンブラン発祥の店「モンブラン」の前を通りました。

組合事務所に到着し、ツアー参加者全員で、商店街振興組合事務長から「自由が丘」誕生のお話や、「丘バチプロジェクト」について伺いながら、先ほど通りすぎた「モンブラン」(店名)から取り寄せた「モンブラン」(ケーキ名)を頂きました。

今回、唯一「スイーツフォレスト」への立ち寄りができなかったことは残念でしたが、日本初の「モンブラン」の味に満足しつつ、今回のツアーは終了いたしました。

ぶらっTokyoさんぽ事務局
03-6748-1942

平日10:00 - 17:00

arrow_upward